すすきの風俗裏情報日記

すすきの風俗で経験した実話を基に役立つ情報や裏話などを掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

犯罪と事件の狭間にて。

さぁ前回に引き続き、
帰り道での体験についてお話したいと思います


ただ今回はガチの現場、
恐らくは犯罪が起こってから事件になる

その空白の時間に出くわしたお話です。


僕は風俗時代、帰る時は徒歩になっていました。


それはどんな真冬でも。

だいたい1時間はかかる道のりを
雨の日も雪の日も歩いてました。

はい、頭悪いです笑

でも夜の散歩はいいですよ!
頭がスッキリして、色々と考えがまとまります。
まるで瞑想の様な効果が期待できます


後はやっぱり寒い日にはカロリー。
なぜか山岡家が食べたくなります。

個人的には狸小路二丁目店がイチオシです!


と、とんでもない方向に話が飛びましたが

とにかく毎日1時間かけて歩いて帰っていました


その中で色んなルートを通っていたのですが
最終的に辿り着いたのは

札幌駅から桑園方向に伸びる遊歩道。


そこが天候にほぼ関係なく、
時間的にも早い為よく通っていました。


その時の事です。

遊歩道は高架下を通っていて
歩きやすいのですが、かなり暗いです。


僕は男なのであまり気にしていませんでしたが
女性の方は気を付けた方がいいでしょう。


夜中になるとやはり人通りはなく
道も暗い為、人とすれ違う時は

逆に僕が不審がられたかもです笑



とある日、いつも通り歩いていた時。


時間は午前2時くらいでしょうか


途中休憩所の様にベンチや、屋根があり
ちょっとした東屋の様なポイントがあるのですが

そこに差し掛かった時


ベンチに荷物が。


明らかに女性物。

中には財布や色んな雑貨。


なんだこれ!?と気付いたら足元には
大量の小銭が!


好奇心で少し中は覗きました。


東北系の銀行カードだったと思います。


マジかこれ
と思いながら、何があったのだろうと
あれこれ考えます。



北海道の人では無いみたいだ
家出か?それとも人さらい!?


でも道端の小銭を見るとひったくりか?


そういえば最近この付近で車上荒らしの
ニュースがあった様な………


とにかくここで何があったのだろう
もしかしたら痴話喧嘩か?

しかしこの荷物はなんだ



などと色々と考えを巡らせて
いつもなら通報するのですが、

その時は誠に申し訳ないのですが
通報しませんでした。

何故なら中も見てしまったし
犯人にされても困ると思ったからです。

それに近くに犯人が潜んで無いとも限らないし


えぇ、保身です。


被害に遭われた方には本当に申し訳ない
でも関わるのは危険だ

そう判断しました。
ここに書いてますが…


あ、僕は犯人とは違います!


その後、その時の事がどうなったのかは
調べてないですが


警察も来る前の空白の時間


そんなタイミングに出会ってしまった


そんなお話。

幽霊よりも宇宙人よりも

やはり怖いのは生きている人間なのでしょう

スルーしてしまった僕も含めて。







このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://huuzokuurajyouhou.blog.fc2.com/tb.php/44-b3da3345

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

たけし

Author:たけし
元風俗店員のたけしです!
日常的に起きた変な事を書いてます、
どうぞよろしく!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

風俗 (10)
アダルトショップ (1)
お得情報 (5)
裏話 (19)
経営方法 (1)
遊び方 (1)
非日常の中の非日常 (6)
風俗参考ネタ (1)
ススキノ余白話 (5)

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2アフィリエイト

広告

ハッピーメールバナー
ブロトピ:拡散されやすいツイートについて
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

参加ランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ 北海道ナイトライフ情報へ
にほんブログ村
北海道札幌市ランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

広告

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。