すすきの風俗裏情報日記

すすきの風俗で経験した実話を基に役立つ情報や裏話などを掲載しています。

帰り道は危険

やはり夜中のすすきのは危険がいっぱいです。

風俗時代ではない時には、
朝3時まで飲食店でバイトをしていました。

その時あったのは

帰ろうと歩いていると、少しほころびた
おばあさんに話しかけられました。

これから飲みにいくのかい?

ちょっとホームレスチックないでたち
足を引きずっている

でもまぁそんな邪険にすることもないので
仕事終わりなので飲まないで帰りますよー

と普通に話した。

でもそれがいけなかった。
その女性は何度も飲みに行かないのかと
聞いてくる

足を引きずりながらついてくる。

流石に気持ち悪くなった僕は距離をとる


50mくらい離れただろうか
どうなったかと後ろを振り向くと


なんとまだ追っかけて来てる!
足を引きずり、何かを叫びながら

追いつくわけでもないのに!


その瞬間とても怖くなって回り道をして
家に帰りました。

帰り道はほぼ一本道で、バイトもほぼ毎日
出勤していたので

しばらくは同じ道で帰られ無かったです。

とまぁこんな感じで夜中のすすきのは
リアル系の話が結構あります。

違う日には店を出ると丁度道路向こうの
飲食店に立ち入り禁止テープが。

なんかあったのかなーと思いつつ

道路を渡り、いつもの道が通り抜けられないので
仕方なく信号待ちをしていました。


その時期は自転車で通っていたので、
信号が変わった時に帰ろうとペダルに目をやると


血痕。



やっぱりいきなり怖くなりました。


それ以外では夜中に寝ていると悲鳴が聞こえ

なんだ?と窓の外を見ると、


走り去る女性の後ろ姿


なんかあったのかと思いつつ
女性を追うような奴もいなかったので

また寝ようとしていると、
五分後には
マンションの前に女性と警察が。


変質者が現れたようです。



そんな風にやはりある程度
怖い事が起こる時があり、

1番何が怖いかと言うと、
毎日そいつに会うかもしれないと言うのが
怖いです。

幸いそれぞれ一度きりでしたが
そんな記憶に残るエピソードが今回のように
いくつかありました。


やはり幽霊や超常現象なんかより

実際の人間が1番怖い。

そう思えますね。



この次はたったの一度でも当事者には
なりたくない出来事について

お話したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大通りに現れた未確認生物

あれは僕が働き始めたばかりの頃。

僕はススキノから歩いて1時間はかかるところに
住んでいました。

当然仕事が終わるのは地下鉄も終わった後。


最初の頃は社員の人に車で乗せて帰って
もらっていました。

まぁすぐに送ってなんてくれなくなりましたけどね


その頃は冬。


外に出るにはかなり寒い時期です。


ススキノを出て、大通公園沿いを走っている時。



目の前を横切る人影!



裸!?


いや、下着姿!



何と目の前を横切った人影は
下着姿の女性!


僕たちはもしかすると襲われたのかもしれないし、
もしかすると変態かもしれない!


と思い、追いかけました。


路地やビルの隙間など。

あらゆる場所を探しましたが

結果見つけられず。


あれは一体何だったのか。

何かの犯罪が関係しているのか?
それとも、露出好きなのか?

暑かったのか?


真実はテレビ塔だけが見ていたのでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説のギャンブラー

どんな世界にもぶっ飛んだ人は必ず
1人はいるものです。

僕がいた非日常の中には、僕を含め
たくさんのネジが外れた人達がいました。


まぁ夜の世界の住人達は大体が
ギャンブル好なわけですが、
パチンコ、パチスロ、バカラ、麻雀は
もちろんのこと、とりわけ競馬を
好きな人は多かったです。


その中でも、僕のいたグループでも
伝説のギャンブラーの事を紹介
したいと思います。


その方は店長としての手腕も伝説で、
結構な年齢の時にアルバイトとして入社
したようです。(確か四十路)

その後5年もしないうちに店長になり
どんな店でも数字を叩き出す敏腕店長へ

僕が入社した時少しだけ一緒だったよう
ですが、あまり接点がなかった為に
その時はあまりわかりませんでした。


まぁ長くいるうち凄さがわかってきた
のですが、ある時その片鱗というか
伝説の一部を見る事が出来ました。


社員には夏休みと冬休みがあります。

どちらもボーナス時期で、一週間近く
休む事ができ、皆さん海外へ行ったり
遠出したり、大勝負したり笑


その伝説のギャンブラー、Sとしましょう

Sさんは移動の為、しばらく前に
札幌から関東へと行っていました。


僕が入社してから何年か会っていなかった
のですが、ある時札幌へ帰省してきました


それは昼過ぎ。

店に顔を出し、よく知る社員にお金を
借りに来ていました。

聞けば競馬をしに来ていたらしいのですが
周りからも借りていて80やられていると

半端ないす。


時刻は最終レース前。


僕は仕事中だったのですが、
正直ボーナス使って80やられて

最終レースのみじゃもう無理だろ


そう思っていました。



夕方になって、Sさんが再び店に訪れた



借りた金を返しに。


まぁそこそこ取り戻して、社員に借りた分
返しに来たのかなと思っていたら


「いや〜最終で100取って借金全部かえせるよ」


桁が違う。
ぶっ飛び方が伝説です。

しかし、この飛び抜ける部分の半端なさが
才能であり、伝説なのだと

平凡な枠でしか生きられない僕は
ふと思いました。

おそらく、この世にアカギはいます。
断言しましょう。笑


ちなみにSさんは熱くなりすぎた為

札幌のパチンコ屋さんはほとんど
出禁らしいです笑




このエントリーをはてなブックマークに追加

禁止事項を破った末路

禁止事項。
それはフアッションヘルスに於いて

決して破ってはいけないルールであり、
法的に定められた一線であります。

そして僕達店員が一番神経を尖らせる
事柄でもあります。


それでもやはり、年齢層の若い店では
一ヶ月に1度はルールを破る人がいます。


禁止事項の内容としては、本番、AF、
指入れがダメな店もありますし、

連絡先を聞くなど、しつこく迫る行為も
対象になる場合があります。


そんな禁止事項を破った方の印象に残った
エピソードを一つしてみたいと思います。



その頃いた店では、特に早番の時間帯で
ルール違反が起こることが多く、

その日もそんな昼間の時間帯でした。


おそらく、夜は会社関係の人と来店する
機会が多く問題を起こす様なことを
避けるため、お一人様の多い早番の
時間帯に違反が集中するのだと思います。



僕のいた店では、女の子が部屋から
飛び出してきたり、コールで社員を呼ぶ等
のアクションによって違反がわかります。



その日は一本のコールから。


違反者は小太りのサラリーマン。
役職がついてそうな、会社では
嫌われてそうなおっさん。


社員が1人部屋に行き、
話をするとともに書類にサインをさせます

この書類は禁止事項を読み上げる際に
違反者は罰金を支払う事になると説明する
のですが、その書類です。


しばらくすると部屋からは激しい音が。

暴れているのかそうじゃないのか。

僕にはわからないため、
ちょっと怖かったです。


一度社員の人が出てきて何やら状況を
話し合っていました。


もう一度戻り、再びその社員が話したのは
向こうが警察を呼んだと。


うへーなんかトラブってんな〜と
よく状況がわかってない僕は思っていたの
ですが、ほどなくして警察登場。


連れて行かれたのは………


おっさんのみ。


要は何やら開き直って暴れたらしく、
抑えようとしたのを暴力だとか言いながら
警察に通報。


しかしただ自首したようなもんで
警察に連れていかれた。ということでした


この辺が法的なルールということにも
なりますが、違反者は最早犯罪者扱い
ということになるでしょうか。

僕達だけで処理するときはよっぽど酷く
なければ、警察沙汰にはなりません。

その人は警察を自ら呼んだために
会社や家族にまで及ぶ問題となるでしょう


自ら事を大きくした人のケースですが、

やはり、違反者に対しては何も守るものは
なく、普通に遊べばいいものを

欲というものはとどまる事を
知らないのですね。


人間行き過ぎれば待っているのは破滅


楽しく、華やかなススキノの反対側を
垣間見た出来事でした。


皆さんはススキノの楽しみ方に沿って

安全に遊びましょうね! このエントリーをはてなブックマークに追加

初体験の散弾銃

あれはいつもの様に平和な夜の
1日を過ごしていた時だった。
特に忙しくもなく暇でもない営業時間中。

来店するお客様を待ちながら、
受付の前に立っている時だった。

嬢のいる部屋からコール。

お客様がトイレに行きます…と、その時!

本来であれば通路に誰もいない事を
確認し、誰ともかち合わない様に部屋を
出るのですが、
それも待たずお客様ダッシュ!

僕からしたらいきなりカーテンの中から
現れたタオルを腰に巻いた青年。

真っ先にトイレに駆け込む。

何事かと思ったがまぁ急にお腹が痛く
なったのだろうと特に気にせずいました。

お客様が部屋に戻り、少しして通路に
目をやると………

点々とした茶色い涙。

思わず飛び避け、まさかと思いトイレに
向かうと、案の定散弾銃かぶっ放された
後でした。

もちろん通路とトイレを入念に掃除し、
各部屋にもある消毒薬を撒いて後始末を
するのが僕らの仕事なわけですが、

後に嬢に理由を教えてもらうと、

そのお客様はその日生まれて初めて
スープカレーを食べ、ヘルスに来たらしく
ア◯ナルをちょいちょされた時

急激に散弾銃の安全装置が外れそうになり
ダッシュで部屋を出たが暴れる散弾銃は
間に合わず暴発してしまったとの事。

その日僕らはその出来事をたたえ
その男性の事をこう呼びました。

ウンコマン。

胃腸の弱い方はあまり刺激物を食べずに
ヘルスで遊びましょう! このエントリーをはてなブックマークに追加

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

たけし

Author:たけし
元風俗店員のたけしです!
日常的に起きた変な事を書いてます、
どうぞよろしく!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

風俗 (10)
アダルトショップ (1)
お得情報 (5)
裏話 (19)
経営方法 (1)
遊び方 (1)
非日常の中の非日常 (6)
風俗参考ネタ (1)
ススキノ余白話 (5)

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2アフィリエイト

広告

ハッピーメールバナー
ブロトピ:拡散されやすいツイートについて
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

参加ランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ 北海道ナイトライフ情報へ
にほんブログ村
北海道札幌市ランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

広告

FC2Ad

Template by たけやん