すすきの風俗裏情報日記

すすきの風俗で経験した実話を基に役立つ情報や裏話などを掲載しています。

お金持ちの種類

やはり風俗はある種の遊びです。

なので、色々なお客様が来られますが、
今回はお金を持ってそうな人をピックアップして

お話しようと思います。


皆さんのご想像がつくとは思いますが

何かの会社の社長さん
ギャンブルで儲かった人
たくさんの怖い人の親
資産家の方
怪しい仕事で沢山お金がある人
などなど………


と、まあススキノなので、
その、怪しい仕事に注目する………

訳ではなく


実は誰にでもなり得るお金持ちの人が
いたんです。



僕も先輩に教えて貰っただけなのですが


そのお客様は大体フラフラで来店します
身なりは普通です。
でもとてもお金持ちには見えません。


まぁ非合法のタバコを吸っている
と言うような事も先輩は言ってました。



そんな仕事をしているようには見えない人。


でもかなりのお金持ちらしいんです


それは何故か!?



実は公共工事などで事故にあい
損害賠償を受けた人だと言うのです!


ある種の障害を持つことになると
多額の補償金や待遇が受けられるみたいです


何かと引き換えにはなるようですが…

あなたはどちらを選びますか?

そんなススキノのようなグレーゾーンの

おはなしでした。

あ、ちなみに僕が一時期働いていた
ある道南の方には、毎日AVを買いに来る人
パチンコ屋にはまだ働き盛りの年代の
仕事をして無さそうな人が沢山います。


まぁ保護されてるんでしょうねぇ


そんなやってらんない事も沢山ありますね
世の中には。




このエントリーをはてなブックマークに追加

犯罪と事件の狭間にて。

さぁ前回に引き続き、
帰り道での体験についてお話したいと思います


ただ今回はガチの現場、
恐らくは犯罪が起こってから事件になる

その空白の時間に出くわしたお話です。


僕は風俗時代、帰る時は徒歩になっていました。


それはどんな真冬でも。

だいたい1時間はかかる道のりを
雨の日も雪の日も歩いてました。

はい、頭悪いです笑

でも夜の散歩はいいですよ!
頭がスッキリして、色々と考えがまとまります。
まるで瞑想の様な効果が期待できます


後はやっぱり寒い日にはカロリー。
なぜか山岡家が食べたくなります。

個人的には狸小路二丁目店がイチオシです!


と、とんでもない方向に話が飛びましたが

とにかく毎日1時間かけて歩いて帰っていました


その中で色んなルートを通っていたのですが
最終的に辿り着いたのは

札幌駅から桑園方向に伸びる遊歩道。


そこが天候にほぼ関係なく、
時間的にも早い為よく通っていました。


その時の事です。

遊歩道は高架下を通っていて
歩きやすいのですが、かなり暗いです。


僕は男なのであまり気にしていませんでしたが
女性の方は気を付けた方がいいでしょう。


夜中になるとやはり人通りはなく
道も暗い為、人とすれ違う時は

逆に僕が不審がられたかもです笑



とある日、いつも通り歩いていた時。


時間は午前2時くらいでしょうか


途中休憩所の様にベンチや、屋根があり
ちょっとした東屋の様なポイントがあるのですが

そこに差し掛かった時


ベンチに荷物が。


明らかに女性物。

中には財布や色んな雑貨。


なんだこれ!?と気付いたら足元には
大量の小銭が!


好奇心で少し中は覗きました。


東北系の銀行カードだったと思います。


マジかこれ
と思いながら、何があったのだろうと
あれこれ考えます。



北海道の人では無いみたいだ
家出か?それとも人さらい!?


でも道端の小銭を見るとひったくりか?


そういえば最近この付近で車上荒らしの
ニュースがあった様な………


とにかくここで何があったのだろう
もしかしたら痴話喧嘩か?

しかしこの荷物はなんだ



などと色々と考えを巡らせて
いつもなら通報するのですが、

その時は誠に申し訳ないのですが
通報しませんでした。

何故なら中も見てしまったし
犯人にされても困ると思ったからです。

それに近くに犯人が潜んで無いとも限らないし


えぇ、保身です。


被害に遭われた方には本当に申し訳ない
でも関わるのは危険だ

そう判断しました。
ここに書いてますが…


あ、僕は犯人とは違います!


その後、その時の事がどうなったのかは
調べてないですが


警察も来る前の空白の時間


そんなタイミングに出会ってしまった


そんなお話。

幽霊よりも宇宙人よりも

やはり怖いのは生きている人間なのでしょう

スルーしてしまった僕も含めて。







このエントリーをはてなブックマークに追加

俺、面接を受ける。の段

僕は諸事情により、学生時代

普通のアルバイト代以上のお金が必要になり、
その時の友達の誘いから、

風俗業界に足を踏み入れました。


まぁそれでも自分で連絡して普通に面接の
予約を取って行ったわけですが。



そう言えば札幌における風俗の男性スタッフ側の
求人はどこにあるのでしょう?


もちろん一般的な求人誌には出てしません。

答えはサイトのホームページや
風俗情報誌、または夜専門の求人誌です。
札幌の紙媒体だとアル●ビアンとかがあります。



話はそれましたが、
僕はそれまで居酒屋、コンビニなどの
いわゆる普通のバイトしかしておらず

ましてや風俗には行った事もなかった時代。


全く知らない世界に飛び込もうってんですから
ただただビビってました。

それに、丁度僕がススキノに足を踏み入れる前

僕が知る直前まで、ススキノはもっと危険な
場所だったらしく

客引き、ボッタクリ、人さらい、喧嘩など
普通に横行していた時代だったみたいです。


一応落ち着いてきたタイミングで
業界入りを果たすのですが、
そんな怖いイメージだけを抱きながら面接を
受けることにしました。


忘れもしません。
あれはまだ雪の残る季節

肌寒い中面接の予定地へ。


面接場所は男の場合店舗ではなく
本社の事務所で行われました。


それはススキノのど真ん中にあるデカイ事務所

もちろん中で何が行われているのか
見た事も聞いた事もないビル。


待ち合わせはそのビルの外で、
ビルの外で待っていると、そこで面接官到着


あれはランクルだったかデカイ車。
もちろんスモーク貼り。


来た、中見えない、怖い


その車から降りて来たのは、

白いダウンに松方弘樹風の日焼けした男。


終わった。
白いダウンの松方弘樹て。


あわわわわ、
やっぱり関わっちゃいけない世界に
来てしまったのか………


けどもう多分無理とか言ったら
なんか酷い目に合わされるかも………


とまぁあんまり面接の内容も覚えてないし、
無事受かって店に行った時も面食らったし

常にビビりながらでしたがそれも良い思い出


今では楽しい思い出ばかりでしたが
最初はホントこわかったなー

基本ビビりなんで。


興味を持った方に伝えたいのは
普段ではよく見えない世界なので怖い感じですが

思ったより普通ですよと。


ただ何か起きる時は
普段経験できない様な事が起きますけどね笑



このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の崩れる音

女は皆女優。

風俗では常に男と女のドラマが繰り広げられます

そして、いつの時代も男は女性に対し
見た目ではない、内面的な綺麗さを求め、
女性が自分だけに優しさを見せてくれる

そんな夢を描いているのです。

そして風俗なんで、エロいと尚良いって事です。



僕が在籍していた店舗のとある売れっ子のお話。


何度も言うように風俗嬢は見た目だけでは
生きていけません。


確かに束の間の指名は沢山あるかもしれませんが
リピートしてもらうにはそれ以外の

テクニックはもちろん、性格的な部分が
とても重要になって来ます。


イメージで行くと、1日1日顧客が一人ずつ
増えて行く。

気付くとその嬢は1日予約で埋まっている
そのくらいの女性がトップに立つようです。


そんな売れっ子の彼女は決してスタイルが
良くて、誰もが振り返るほどの美人か?
と言うとそう言うタイプではありませんでした。



どちらかといえばポッチャリで
顔ももちろん可愛いのですが、学年一位よりは

クラスで3番目位のAKBタイプでした。

しかし、彼女は常に予約で埋まり、
その全てがリピーターという

まさしく神ってる存在でした。


テクニックも凄いと噂でしたが
やはり性格の部分が大きいのでしょう。

お客様は皆恋をしている様な状態で
癒されに来ている。そんな様子でした。


おそらくその嬢はお客様の前では恋人、
そしてか弱き女の子を完全に演じきり、
仕草の一つ一つが可愛らしく、
尚且つエロティックな接客をしていたのでしょう


思わずそう信じてしまう様なプロの技を
常に発揮していた彼女。

男性客は皆一様に幸せな夢を見ていたのでしょう


とある日、裏方だからこそ見える
それは幻想なんだとハッキリと断言できる
出来事がありました。



それはお店のホームページでのチャット。

お客様と女の子がやり取りできる
言わば余韻に浸るオアシス上でのやりとりにて。

以下、やり取りの雰囲気で表現してます

客「今日ありがとう!おかげで癒されました!」

嬢「来てくれてありがとう!お返事遅れて
ごめんなさい!パソコンなんて慣れてないから
返すの遅くなっちゃうけど、ごめんね汗」


こんな感じだったと思います。


なんとまぁ愛らしい

頑張って返事打ってくれたんだ!
女の子も喜んでくれてるし、
今日は行ってよかったなぁ!


そのチャットのやり取りを見ている他の人でさえ
あ、この子今度遊んでみようかな

そんなやり取りでした。



実際は





あ、返事来てる!
結構前に書き込んでくれてるじゃん!
やばい!




カチッカチッ


カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ
ダンダンッッッッッッ!!!!!



異様に手慣れたブラインドタッチを披露。



きっと夢が壊れる音はこんなメロディなんだ
その衝撃はきっとキーボードだけが知っている

そんな出来事でした。



理想の相手はここから↓
出会いSNS PCMAX このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワットデー!?

風俗の業界ではやはり、
イベント事は大事です。

最近ではハロウィンコス、

定番のクリスマスサンタコス

面末年始の姫始め

バレンタインデーなど、
数々の行事がありますね


今回はそんなイベントで起こった
漫画のようなお話。



あ、いきなりですが皆さんは
他人の作った料理をどこまで
食べられますか?


僕は普段潔癖なわけでは無いのですが
料理に関しては別で、食べれません。

彼女の手料理も、習慣になるまで
少し抵抗があり、
たまに風俗嬢が作ってくれたお菓子なども


……全部捨てました。


だって食べたら気持ち悪くなるんですもん。


たとえタイプの人であっても。

あんなとこやこんなとこは口にできるのに笑


今回はそんな僕でなくとも

思わず顔をしかめてしまうようなお話。



あれは何年か前のこと。

先月はバレンタインデー。
そう今月はホワイトデーです。


女の子達は2月14日常連の方達に
お手製のお菓子をプレゼントしたり、
各々の気持ちを伝えるわけです。



当然ホワイトデーは男側のイベント。



自分のお気に入りの女の子に
高級なプレゼントや気持ちのお返し、
そしてガチのお返しを手に
お店へやってきます。



その日僕たち従業員はそんな
イベントはあまり
関係なく仕事をしているわけです。


そんな中1人の嬢が僕たちに
お裾分けをもってきました。



「お客様が持ってきてくれたお菓子が
沢山あって腐らせる訳にはいかないから
みんな食べませんか?」


手には白い箱。
それまでに、何度か貰いすぎたお菓子を
従業員に分ける人はいたが、
他は皆ケーキ屋さんなどのお菓子だった。


「お客様の手作りらしくて、さすがに
一つだけ目の前では食べたんだけど、
流石にこの量は多いから……」


??


……うん。おかしい。


絶対いらない。

それに俺からしたらただのおっさんが
作ったお菓子でしょ?


男は身構える。


女の子も若干迷惑そうな顔をして箱を開ける。





ミルクプリン。




ホワット!?



これダメなやつじゃん!
ヤバイやつじゃん!


ベタな罰ゲームの時のあれじゃん!



なんと常連様は女の子に
手作りの白いミルクプリンを作ってきたのです。



※ガチです。




GTOの白ジャムを思い出しました。
と同時に、仕方なく一つ食べた女の子の
プロ根性に一抹の感動を覚えました。



当然そんなゴキブリとの2択みたいなものを
誰も食べる訳はなく、


ホワイトデーの犯した罪だけが心に残り、


そのプレゼントをチョイスした理由に
誰もが思ったでしょう。


なぜ!?


と。










このエントリーをはてなブックマークに追加

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

たけし

Author:たけし
元風俗店員のたけしです!
日常的に起きた変な事を書いてます、
どうぞよろしく!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

風俗 (9)
アダルトショップ (1)
お得情報 (5)
裏話 (19)
経営方法 (1)
遊び方 (1)
非日常の中の非日常 (6)
風俗参考ネタ (1)
ススキノ余白話 (4)

ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2アフィリエイト

広告

ハッピーメールバナー
ブロトピ:拡散されやすいツイートについて
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

参加ランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 大人の生活ブログ 北海道ナイトライフ情報へ
にほんブログ村
北海道札幌市ランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

広告

FC2Ad

Template by たけやん